英語はしゃべったもん勝ち!(書評・感想)

ブックオフの文庫本コーナーをぶらりウインドショッピングしていると目に止まったのがこの「英語はしゃべったもん勝ち!」というタイトル。

特に英語や英会話の本を探していたわけではないのですが、日頃から英語ができるといいよねーとは感じてました。

100円コーナーだったので、内容も特に吟味せずになんとなくで購入、通勤の地下鉄の中で読んでみました。

…う~ん、第3章以降は少し英語に関する本っぽくなるのですが、それまでは著者である横森理香さんの生い立ちととか、経歴に関する話ばかり。

しかも、ちょっぴり自慢っぽい話ばかり(笑)

はい(^^♪ ブックオフで購入した本は、即効でブックオフの買い取りコーナーへ行きました。(ちなみに買取価格は30円でした)

英語はしゃべったもん勝ち! (ヴィレッジブックス P ヨ 1-3)

英語はしゃべったもん勝ち! (ヴィレッジブックス P ヨ 1-3)

 

 でも、英語に対して書かれていた「習うより慣れろ的」なことは間違っていない気がしますけどね♪