読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメを買ってすぐに揃えておきたい予算1万円以内のおすすめアイテムはこれだ!

 つい先日、一眼デジカメのNikon D5500レッドを買っちゃった話を書いたけど、やっぱり新品のデジカメが手元にあるとテンションがあがって、めっちゃ嬉しいですよねー

で、色々とデジカメ周りのアイテムが欲しくなっちゃうのですが、デジカメでの出費もかなりのもの。ここはカメラ量販店の店員さんに躍らされることなくしっかりと吟味して、必要なもの、あると便利なものを揃えておきたいところですよね?

そこで今回は、デジカメをすぐに揃えておきたい予算1万円以内のおすすめアイテムはこれだ!という内容で個人的見解にもとづいてお送りしまーす♪

blog.bearista.net

 今回、真っ先に購入したのは次の3点

 レンズプロテクト(レンズ保護フィルター)

レンズプロテクトとか、レンズフィルターとか、保護フィルターなどいろいろな呼ばれ方をしますが、レンズの先端に取り付けてレンズの保護やホコリ・ゴミなどがレンズ内に入ってこないようにするための物です。

どんなに丁寧に扱ってもレンズの先端は意外といろいろなものに接触するもの、レンズに傷などが付くと写真に影響してしまうのでレンズプロテクトはまっさきに用意しましょう。値段もそんなに高くないしね。

Nikon ニュートラルカラーフィルターNC 52mm NC-52

新品価格
¥1,467から
(2017/2/8 19:29時点)

ちなみにレンズプロテクトはレンズの1本に付き1枚必要なので、ダブルズームセットなどを購入した場合は2枚買うことを忘れないようにねー。

また、レンズプロテクトは大きさで選ぶことになるので上で紹介した52mmのフィルターであればフィルターがNikon製でもレンズはCanonなんかでも大丈夫(笑)

また、保護フィルターの他に値段がちょっと上がるPLフィルターやUVフィルターと呼ばれるものも販売されているけど、こっちはすぐには必要がないので写真撮影に慣れてきたら購入してみるのもありだと思います。

PLフィルターは偏光フィルターと呼ばれて、景色や自然を撮影する場合に効果を発揮するタイプのもので、UVフィルターは紫外線カットフィルターと呼ばれて、遠くの景色を撮影する際に、紫外線の余計な光をカットするためのものになります。

液晶保護フィルム

デジカメにある液晶ディスプレイを保護するためのフィルムになります。iPhoneAndroidなどのスマホを購入したら、一緒に液晶保護フィルムを買いますよね?あれのデジカメ版だと思って貰えれば大丈夫です。

Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500/5300用 KLP-ND5500

新品価格
¥757から
(2017/2/8 19:38時点)

どうしてもNikon製やCanon製じゃなきゃ嫌だーというこだわりがなければAmazonなどで評価が高いやつを買っておけば大丈夫です。サイズはカメラの型番ごとに発売されているので液晶の大きさに合わせて作ってあるので安心。あとは気泡などが入らないなどの貼りやすさと、光沢感がメーカーによってマチマチといったところでしょうか。

デジカメの液晶ディスプレイに傷や指紋などがついても出来上がった写真の仕上がりには影響がないですが、やっぱり気に入って買ったデジカメ♪ このあたりは値段も安いことから、最初から液晶を保護をして愛機を大事にしたいですよね。

カメラバッグ

え?カメラバッグは今じゃなくても大丈夫なんじゃ?

なんて声が聞こえてきそうですが、意外と大事なのがカメラバッグ。せっかくカメラを買ったのにカメラをむき出しで街を歩くのには抵抗があるし、普段使っているバッグにいつもの荷物と一緒に持ち歩いたらカメラが傷つくのが心配で、結局億劫になってしまってカメラを持ち出さなくなったなんていう話もよく聞きます。

普段使っているバッグでカメラを持ち歩きたい方にはこんなインナーバッグがおすすめ。

【SCGEHA】カメラケース インナーバッグ 一眼レフ 衝撃吸収 クッション ソフト やわらか素材 カラフル おしゃれ バッグインバッグ (オレンジ)

新品価格
¥1,760から
(2017/2/8 21:36時点)

ちなみに、今回Bearistaが思わず買っちゃったのがこちらのVANGUARDのカメラバッグ♪

VANGUARD ショルダーバッグ Sydney IIシリーズ ブレー 4.3L Sydney II 22GY

新品価格
¥5,547から
(2017/2/8 21:38時点)

すごい優れもので軽くて、中にはクッションが効いてカメラが傷つかない構造になっています。肩からかけるにもちょうど良い大きさで、その割には中はしっかり広くてデジタル一眼レフにプラスして望遠レンズと小物が入る大きさになっているんですよー。

晴れた週末にはちょっとデジカメを持って街に散策に、なんて方には絶対におすすめのバッグなので是非、買ってみて下さいね。

ここから先は初めてのデジカメという方には必須の一品!

SDカード

デジタルカメラで撮影したデータは基本SDカードに保存されるので、このSDカードは必須のアイテムになります。

SDカードを選ぶときのポイントは2つ、それは容量速さ

基本、容量が大きいほど撮影できる写真の枚数は多くなるけど、値段もどんどん上がっていきます。長期旅行で大量に撮影したいとか、パソコンに転送する余裕がないなどの時は32GB以上を、普段使いであれば16GB以上あれば十分ではないでしょうか。

ちなみにD5500でJPEGの画質モードFINE(サイズL)で撮影した場合には16GBのSDカードで929コマまで保存できるそうです!

速さについてはClass10を選ぶと間違いはないでしょう。Classというのが転送速度を表していてClass10が規格としては最高になっています。

BearistaのおすすめSDカード

【 3年保証 】 SanDisk サンディスク Extreme Pro SDXC カード 64GB UHS-I 超高速U3 Class10 [並行輸入品]

新品価格
¥4,640から
(2017/2/8 22:03時点)

どれも1万円以内で買えるおすすめアイテムでしたが皆さんはいかがでしたか?

最後にもし予算に余裕があるようならバッテリーの予備も買っておくといいかもしれませんね。さすがに買ったばかりのデジカメに付いてきたバッテリーも問題はないですが、バッテリーは消耗品ですし、決定的なシャッターチャンスをバッテリー切れで逃してしまってはもったいないのでおすすめします。

さーて、今度の週末はどこに撮影に行こうかな♪