日本FP協会さん主催のCFP資格チャレンジガイダンスに参加中

現在FP(ファイナンシャル・プランナー)としてAFPの認定を受けておりますが、AFP資格の上級にあたるCFPの資格についてのガイダンスが東京・市ヶ谷で行われているので参加しております。

 AFPとCFPの違いですが試験範囲はともに6科目で同じなのですが、難易度というか、問題の粒度(細かさ)が格段にCFPの方が難しくなっているのですね。(当たり前の話ではありますが)

 なかなかファイナンシャル・プランナーと接する機会がない方もいらっしゃるかと思いますが、FP資格の6科目とは

・ライフプランニング

・金融資産運用設計

・不動産運用設計

・リスクと保険

・タックスプランニング

・相続、事業承継

と広範囲なんですよ。

もちろん、試験は6科目すべてに合格しなければなりませんが、すべてのスペシャリストというFPは少ないので、皆さんがご相談される場合は相談内容に応じて、その分野が得意なFPに相談されることをおすすめします。

(お医者様でも内科、眼科、皮ふ科のように得意分野ってありますよね。)