2019年は堅守マリノスの復活を

タイトルに「2019年は堅守マリノスの復活を」と題しましたが、まだ今シーズンも最終節が残っています。

でも、タイトル獲得もないし、J1残留はソフトバンクのCMではないけれど「ほぼ」決まりだし、気分は来年なのです。

今年のマリノスを総括するにはまだ早いかもしれませんがざっくり言うと次のような感じです。

  • 攻撃面はもっとスピーディーに、そして前への推進力を高く
  • 堅守マリノスの復活
  • 控えを含めた層の強化

と言ったところでしょうか。

概ね監督のやりたいサッカーは魅力的ですし、ここ数年にはなかった面白い面もあるのは事実なのですが、2番目に書かせていただいた堅守マリノスの復活は切なる願いですね。

井原正巳さんや、中澤佑二さんのような日本代表を輩出してきた横浜Fマリノスのファンとしては、現状の守備力は悲しいの一言です。

守備を疎かにして攻撃力(得点力)が向上しても試合には勝てないことは結果が示している通りなのではないでしょうか。

昨日の鳥栖戦を観ていると守備の脆さが顕著だったのでこんな記事になってしまいました。

2019年のマリノスは堅守なベースの上に、攻撃力を爆発させてくれると嬉しいかな。